備忘録のような

趣味グラマによる個人的な見解、備忘

PUBGの 【ZipUtility】エラーについての対処

f:id:rai06:20180106085753p:plain
ERRORCODE

Would you like to disable ZipUtility?You will no longer be able to open any assets
created using it.

つまりは、プラグインがうまく動作してないぞ!どうする?(パブジのバージョン確認処理によって???)はいを押すと落ちる
いいえを押すと…

二週間くらい前のことだからどうなるか忘れた


これのことなんですが、ググってもPUBG関連での対処法がなかったんで
記述していこうと思います(本作業をやろうとしたときに別のことをしたくなったからってやつ)

まずこのエラーの発生条件は、たぶん
アップデート中に何らかの(ミッフィーみたいな名前のやつとか)によって正常にアップデートできなかった、
アップデートが糞長く回線激重になったから、steam落としてアップデートが中途半端に終わった(←ワアはこれ)
つまり要因は自分な訳でありますが、


そういうことではなくアップデートが、正常に完了していない場合起こりうるエラー?な気がします。(僕はデバッガーでもエンジニアでも天才ハカーじゃないので詳しくは知りません)
というわけで、アップデートをもう一度行うか、再インストールをすれば直るはずです。

再インストールで心配なのはデータ関連ですけど、
PUBGは、steamidとかと括りつけられてデータベースに保存されてるだろうしデフォでsteamクラウドにバックアップされているので
問題ないです。


次メインであろう解決策の再アップデートの手順ですが、
Steamから、ライブラリ→pubg→右クリでプロパティ→タブの ローカルファイル→ゲームファイルの整合性を確認…っというボタンをクリックでOK

以上で、解決するかと思います(´・ω・`)

~おまけの技術編~

パブジーはUE4(UnrealEngine4)というゲームエンジンを使っているのですが、(僕もいろいろ記事カキコしてるので見てね!)
そのエンジンの非公式プラグインZipUtility というのがあり
これは7zipを移植させたプラグインであるらしく、解凍、圧縮がでするようです
これを使いSteamでZIPを入れて、
起動時同じバージョンZIPがあればなどの条件分岐で解凍してアップデートをさせて
やっているようですね、たぶん、そうかもしれないし違うかもしれない、
けれども可能性は微粒(ry
まあPUBGの処理じゃなくてSteam側がゴニョゴニョしてるのかもしれないですがね

結局どっちが処理行ってるかって?

Ans. エンジニアじゃない俺がわかるはずないよ^q^